カルテット一座から学ぶ野望の叶え方

アナタは今どんなことに興味があるだろうか。

大人になってから勉強したい
この人から習いたい
そんなことに出会えたら
それはまあまあなミラクルなのではと思ってる。

だって私の学生の時の何よりの楽しみは
一輪車で遊ぶことと、お昼ご飯だったから。

Facebookでお友達が講座をやるよ!と書いていた
(告知も素敵な文なのでペタリとしておきます)
https://exero.jp/darekato-kumu

どちらかといえば個人事業主に向けての講座だけど。
面白そうだな
と思って受けてみた(私の場合はアーカイブ受講)

その名も

「コラボの教科書」

4人の男性陣がプロジェクトの成功の方法や人を組む上での大切なこと。
そんなことを教えてくれる内容だ。

看護師だよね?
個人事業主じゃないのに、その講義受けたの?
って思った人に教えてあげる。

面白そうだからで飛びつくのが数秘術5ならではの私です。

講座を受ける少し前にzoomで友達と話してた。
北海道に住むその子の名前は
しゃおりん(ちなみにしゃおりんの数秘は3)
ちなみにしゃおりんの好きじゃないけど得意なことは

10円玉を毎回10枚1回でつかめること

(ちなみに私はタクシーをすぐに捕まえられること)

数年前から仲良くさせてもらっていて、
最近彼女は自分の夢、やりたかったことを着実に叶えてる。

その1つに彼女が作った
『じぶせかノート』
とても簡単な言い方をすれば、
書く・描くことでもっと自分の人生楽しんでというもの
私はこのヘビーユーザーで、もうすぐ毎日書いて1年になる。

そんな生みの親のしゃおりんから、
「しょうこちゃん書いてくれてもうすぐ1年だからInstagram LIVEでインタビューさせて欲しい」
と依頼がきた。
え?私?
嬉しいけど。え?私でいいのか?
とちょっと不安になり。
相手に失礼があってはいけないと講座を受けたのもある(まあまあ真面目)

講座を受けて思ったのは、自分の得意分野とは別にこれは苦手。
これは心がしょぼんってなってしまうっていう業務内容を把握しておくこと。
例えば
動き回ることが得意な人がずっと室内にいる仕事をするとかはあまり向かないように思う。

あとは、同じ業務内容ができてもコラボの場合は成立しにくい。
だってカルテットを奏でるにはピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者が必要なわけで。
全員がワンピースのルフィだったら、麦わら海賊団は一生結成できない。

もちろん個人で仕事をして円滑に仕事をしている人だっていっぱいいる。
でもちょっと誰かに
お願い、手伝って。
一緒に仕事をしてくれると嬉しい。
そんな人にこれから出会うことだってあるかもしれない。

アナタの野望が一人よりも複数の人に協力を求めた方が叶いやすいことだってある。
そんな時に不協和音を響かせない方法を4人の講師から教わった。


そしてきっと
私の野望も叶う気がする。

講座の講師(カルテット一座は私が勝手に名付けました)の皆様
イグゼロさん
郡司健汰さん
村井庸介さん
シヴァ神



アーカイブ受講はまだできるみたいなので、興味をもった方はぜひ
コラボの教科書←ここをクリック

Follow me!

前の記事

その偏見に愛を込めて